藍染*型染


こんにちは。


藍染の話題が続いています😅

つまみ細工を作る時に、柄の入った生地で作ると
個性が出て面白みのある作品になりますね。
でも羽二重の薄い生地の柄入りは、特に薄い生地となるとなかなか見つからないです。
運良くアンティークの羽織裏で見つけられたとしても8匁くらいで、
4〜6匁が欲しいなら自分で染めるしか方法はないです・・・

昔、学校の授業で型染の授業がありました。
微かな記憶しかなく、やり方については学ばないと出来ない状態だったので
型で染める藍染の講習会に参加してきました。

こちらが型で染めた作品、羽二重12匁♪

b0321556_13334516.jpg




















シルクシフォンジョーゼット10匁♪
注)この生地は煮詰めて染めると縮みます。

b0321556_13355049.jpg




















型は教室にあったものを使用しているのですが、
こちらの型は、市販品の流通が殆ど無いそうで。。
手に入ったとしても数万円〜💦
自分で作るとなると費用と時間がかかり(カッターで彫るんです)
更に1枚1枚染めるとなるとなると、結構大変なものなので
取り入れていくかは悩みどころです。
今回習ったことは復習するようにして、
簡易的に出来る方法が無いか模索してみようと思います📖










[PR]
# by kakuya2014 | 2017-10-02 13:50 | ●藍染

藍じょう作り その③

※藍じょう(粉末)とは、泥藍を乾燥させたものです。


ボール一杯分の泥藍を、45Lゴミ袋に流して天日干しをし乾燥させます。

b0321556_12175054.jpg




















乾燥させること数日、大分水分が抜けてきました。更に乾燥させます。

b0321556_12181575.jpg




















乾燥したものを、すり鉢で擦って粉状にしたら完成です。

・・・と言いたかったのですが💦

あと少し!ということころで、雨が続いて
湿気でカビが発生して使えなくなってしまいました😭
泥藍づくりをはじめてから3週間近くかかっているので
間際にこの結果は、かなり残念でした。。。

本来だと天候が良ければ1週間で作れるようなので
次回は、作業の短縮と倍量でリベンジしたいです❗️


泥藍作りや、生葉染めをやってきましたが
畑の藍はまだ半分の消費にしか至っておらず、
残りはすべて乾燥葉にすることにしました。

b0321556_12405695.jpg




















乾燥させれば1年保存が効くそうで、
乾燥葉から染料を作るやり方も挑戦してみたいと思います。






[PR]
# by kakuya2014 | 2017-10-01 12:48 | ●藍染

藍の茎*草木染め


葉を取った後の、藍の茎で草木染めをしました。
枝は短くカット。

b0321556_14461739.jpg




















鉄媒染で赤茶に染まりました✨
草木染めでこの色は初めてです🍁

b0321556_14473039.jpg




















帯揚げも染めてみました。
明日は念願の泥染のレッスンで楽しみにしているところです。

b0321556_15055929.jpg
























[PR]
# by kakuya2014 | 2017-09-27 14:58 | ●藍染

藍を食す♪


先日、藍と夏野菜のバルサミコソースパスタを作りました🍴

b0321556_11405933.jpg





















えー! 食べちゃうんですか⁉︎

という声が聞こえて来そうですが😅

藍は、とても栄養価の高い食材で昔はよく食べられていたそうです。
ポリフェノールがほうれん草の10倍もあるとか。

染料だし体には良くないイメージがあったので
最初食べれると聞いた時は衝撃でした。

藍の味は・・・ゴーヤくらい苦いです💦
そのまま食べるよりは天ぷらだったり
何かしらの調理をした方が食べやすいです。

藍のフレンチトーストなんてのはどうでしょうね。
緑の液にパンを浸して、
抹茶味的な感じにならないでしょうか・・・
パンの色はどうなってしまうのか、緑? 水色⁉︎

染料として売られている藍は、農薬が使われていることもあるようなので
食べる場合は有機栽培のものがおすすめです💫




[PR]
# by kakuya2014 | 2017-09-26 21:18 | ●藍を食す

泥藍作り その②

🌱泥藍作り その②

葉っぱを掬い網で全て取り除きます。
取り除いた後、ph試験紙で値を計測します。(phの値は4でした)

b0321556_13023743.jpg




















消石灰(22g)を少しずつ入れ、掬い網で撹拌します。
最初は大きな泡が立ち、色も匂いも変化していきます。

b0321556_00095709.jpg




















撹拌し続けること40分!だんだん泡が立たなくなります。
最後は、白い泡になるようなんですがこれ以上の変化は無く…
今回のところはここまでとしました💦
ph試験紙で値を計測します。(phの値は11でした)

翌日、phの値を計測し11のままであったら
1〜2日沈殿するのを待ちます。
容器を斜めにしながら、上澄み液を捨てていきます。

b0321556_00090908.jpg




















液が少なくなってきたらバットに移し替え、埃が入らない様に網戸などを被せます。

b0321556_00082198.jpg




















斜めにしながら、更に上澄み液を捨てることを繰り返します。

b0321556_00062006.jpg




















上澄み液を取り終えたら、沈殿藍・泥藍の完成です❗️
ボール一杯分くらい出来ました✨

b0321556_00055039.jpg




















ここから更に乾燥させて、藍じょう(粉状の染料)を作ります。
その③へ続きます💨

[PR]
# by kakuya2014 | 2017-09-21 11:35 | ●藍染


つまみ細工作家 かくたまさこ 日本伝統工芸〝つまみ細工〟の製作日記です♪


by kakuya2014

プロフィールを見る
画像一覧

かくたまさこ ホームページ

カテゴリ

■つまみ細工とは?
■プロフィール
■ギャラリーⅠ
■ギャラリーⅡ
■つまみ細工×着物
■お知らせ
■オーダー品
■委託販売
■日記*作品
■日記
■お問い合わせ
--------------------
【つまみ細工教室】
●教室の詳細
●作品見本①
●作品見本②
●レッスン日程
●価格表*レッスン
●価格表*材料
●通信講座
●生徒さん連絡掲示板
●お読みください
●Q&A
--------------------
【染色】
●染色日記
●藍を食す
●化学染料染め
●草木染め
●藍染
●ぼかし染め
●その他
--------------------
【資材販売】
●shop入荷情報
●色羽二重
●絹糸(極天糸風)
--------------------
【書籍】
●書籍作品について
●書籍の使用について
●資材購入リスト
●粘土おちりんについて
--------------------
【オーダー制作】close
●アクセサリーⅠ
●アクセサリーⅡ
--------------------
【つまみ細工のつまみ方】
●基礎と応用Ⅰ
●応用Ⅱ

最新の記事

婚礼の簪
at 2017-11-19 11:29
認定講師・書籍使用について
at 2017-11-12 09:16
カット&ぼかし染め講座について
at 2017-11-04 13:48
書籍作品について
at 2017-11-04 12:58
入荷のお知らせ☆
at 2017-11-04 12:34

画像一覧